志賀出身の作家

志賀町出身作家の生い立ちや作品をご紹介します。
地元作家の作品には、志賀町を舞台にしたものが多く生まれています。

加能 作次郎

加能 作次郎(かのう さくじろう)

Sakujirou Kanou(1885-1941)
小説家/翻訳家/編集者

大正から昭和にかけて活躍した小説家。
早稲田大学在学中に「ホトトギス」に掲載された「厄年」でみとめられる。
田山花袋に師事。
博文館に入社し「文章世界」の編集にたずさわる。
1918年「世の中へ」で文壇的地位を確立。
1941年急性肺炎のため逝去。

 

年譜

1885(明治18)年 1月10日、石川県羽咋郡西海村風戸(現・志賀町西海風戸)に浅次郎、はいの子として生まれる。
※明治19年誕生説もあり。
1886(明治19)年 実母・はいが死去。
1887(明治20)年 父、浅野ゆうと再婚する。
1891(明治24)年 西海尋常小学校に入学。
1895(明治28)年 富来高等小学校へ入学。
1897(明治30)年 雑誌「小国民」に投稿した作品が掲載される。
1898(明治31)年 京都の伯父・入江万次郎をたより京都へ。
1900(明治33)年 伯父が死去。
1902(明治35)年 大阪郵便電信局の臨時通信事務員となる。
1903(明治36)年 帰郷、西海村役場の臨時雇書記となる。
11月に検定試験に合格して準教員の免状取得、12月羽咋郡柳瀬尋常小学校の準教員として勤務。
1904(明治37)年 鹿島郡中島町の釶打尋常高等小学校に転任。
1905(明治38)年 上京、国民英学校に通学。
1907(明治40)年 早稲田大学文学科高等予科に入学。
1908(明治41)年 早稲田大学文学部英文科に入学。
1910(明治43)年 処女作「恭三の父」を「ホトトギス」に発表。
1911(明治44)年 早稲田大学を卒業、早稲田大学出版部に入る。
1913(大正 2)年 博文館編集部に入る。
1914(大正 3)年 羽咋郡稗造村田中(現・羽咋郡志賀町田中)浄法寺の長女・島田房野と結婚。
1917(大正 6)年 「文章世界」の編集主任となる。
1918(大正 7)年 「世の中へ」を「読売新聞」紙にて連載開始。
1919(大正 8)年 『世の中へ』新潮社から発刊。
1920(大正 9)年 『若き日』を新潮社から、『厄年』を博文館から発刊。
1921(大正10)年 博文館を退社。
1923(大正12)年 『幸福へ』新潮社から発刊。
1925(大正14)年 『弱過ぎる』新潮社から発刊。
1936(昭和11)年 父・浅次郎逝去、帰郷(最後の帰郷となる)
1941(昭和16)年 8月5日、『乳の匂ひ』校正後に発病、急性肺炎で死去。
8月20日、『乳の匂ひ』牧野書店より発刊。
10月、絶筆として「心境」が「中央公論」掲載される。
11月、宇野浩二らの斡旋で『世の中へ』が桜井書店から発刊される。また同月『このわた集』が発刊される。
1952(昭和27)年 生地(西海)周辺の有志により、作次郎文学碑建立のため、『このわた集』が発刊される。
8月、加能作次郎文学碑建立。
1957(昭和32)年 第1回加能文学顕彰作文コンクール実施。
1985(昭和60)年 加能作次郎生誕百年を機会に加能作次郎文学賞が制定。
9月、『加能作次郎選集』加能作次郎生誕百年祭実行委員会から発刊。
11月、加能作次郎生誕百年祭開催。
2004(平成16)年 『加能作次郎集』加能作次郎の会編が富来図書館から発刊。
2007(平成19)年 「作次郎ふるさと記念館」開館。
2011(平成23)年 『美しき作家 加能作次郎』志賀町立図書館から発刊。
2014(平成26)年 『加能作次郎作品集 1』志賀町立図書館から発刊。

著書

  • 『世の中へ』 新潮社 1919年
  • 『霰の音』(新進作家叢書20)新潮社 1919年
  • 『寂しき路』 聚英閣 1920年
  • 『支那人の娘』(現代傑作選集五編)學藝書院 1920年
  • 『若き日』 新潮社 1920年
  • 『厄年』 博文館 1920年
  • 『誘惑』 金星堂 1921年
  • 『小夜子』 新潮社 1921年
  • 『處女時代』 天佑社 1921年
  • 『傷ける群』 新潮社 1921年
  • 『恭三の父』(金星堂名作叢書17) 金星堂 1922年
  • 『世の中へ』(中編小説叢書3) 新潮社 1919年
  • 『微光』 愛文閣 1922年
  • 『祖母』(金星堂名作叢書18) 金星堂 1922年
  • 『これから』(近代名著文庫第二十四篇) 近代名著文庫刊行會 1923年
  • 『幸福へ』 新潮社 1923年
  • 『一人の女』大阪毎日新聞社 1923年
  • 『弱過ぎる』(短篇シリーズ7) 新潮社 1925年
  • 『乳の匂ひ』 牧野書店 1941年
  • 『世の中へ』 櫻井書房 1941年
  • 『小品随筆 このわた集 』 大理書房 1941年
  • 『このわた集』富来郷土文化懇話会 1952年
  • 『加能作次郎選集』 加能作次郎生誕百年祭実行委員会 1985年
  • 『加能作次郎集』 富来町立図書館 2004年
  • 『世の中へ・乳の匂い』(講談社文芸文庫)講談社 2007年

翻訳

  • 『三つの死』(海外文藝叢書第四篇)トルストイ 海外文芸社 1913年
  • 『アウグスト・ストリンドベルヒ』(近代評傅叢書I』 中興館書店 1914年
  • 『手負の鴨』(世界少女文學第七編)イプセン 博文館 1914年
  • 『青春の日』(ノーベル賞文學叢書10)シェンキウィッチ 今日の問題社 1942年

関連施設

  • 作次郎ふるさと記念館 :石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲の10番地
  • 加能作次郎文学碑 :石川県羽咋郡志賀町西海風戸
坪野 哲久

坪野 哲久(つぼの てっきゅう)

Tettsukyu Tsubono(1906-1988)
歌人

1906年、石川県羽咋郡高浜町に生まれる。
1925年、東洋大学入学と同時に「アララギ」に入会し、島木赤彦に師事。同時に「ポトナム」にも参加する。
1928年新興歌人連盟結成に加わり「短歌戦線」創刊に参加。
1929年には渡辺順三らとプロレタリア歌人同盟を結成「短歌前衛」を創刊する。
1937年、歌誌「鍛冶」(のち「航海者」「氷河」と改題)を創刊。
1940年には合同歌集『新風十人』(八雲書林)に参加。戦後は渡辺順三らと「人民短歌」を創刊、1972年、歌集『碧厳』で第23回読売文学賞を受賞。
1988年前頸部癌のため逝去。

 

年譜

1906(明治39)年 9月1日、石川県羽咋郡高浜町字大念寺に次六、よねの四男として生まれる。
1919(大正8)年 高浜尋常小学校卒業、高等科へ進む。
1922(大正11)年 松本教育実業学校へ進学。
1923(大正12)年 松本教育実業学校卒業、准教員の資格を得る。4月に上京、進学のため働きながら学ぶが、9月、関東大震災に遭遇、帰郷する。
1925(大正14)年 4月、東洋大学に入学「アララギ」に入会、島木赤彦に師事する。
10月には「ポトナム」の歌会に参加するようになる。
1927(昭和2)年 ポトナム合同歌集『冬月集』に参加する。
1928(昭和3)年 無産者歌人連盟結成「短歌戦線」を創刊する。
1929(昭和4)年 東洋大学卒業、東京ガス四谷営業所に勤務する。
7月、渡辺順三らとプロレタリア歌人同盟結成。
1930(昭和5)年 第1歌集『九月一日』を発刊するが発禁となる。
1931(昭和6)年 山田あきと結婚。
1933(昭和8)年 渡辺順三らと「短歌評論」創刊。
1936(昭和11)年 同人雑誌「樹々」を創刊。
1937(昭和12)年 「鍛治」を創刊。
1939(昭和14)年 第2歌集『百花』発刊。
1940(昭和15)年 合同歌集『新風十人』に参加。第3歌集『櫻』発刊。
1958(昭和33)年 第6歌集『北の人』発刊。
1964(昭和39)年 11月「航海者」創刊。
1971(昭和46)年 第7歌集『碧巖』発刊。
1972(昭和47)年 歌集『碧巖』にて第23回読売文学賞を受賞をする。
1978(昭和53)年 「氷河」創刊。
1988(昭和63)年 11月、前頸部癌のため代々木病院にて逝去。
1989(平成元)年 11月、石川近代文学館にて「坪野哲久追悼展」開催。
1991(平成3)年 10月、珠洲内浦に哲久・あき歌碑建立。
1993(平成5)年 5月、『坪野哲久全歌集』発刊。
1994(平成6)年 2月、志賀町立図書館横に哲久歌碑建立。
2006(平成18)年 2月、『坪野哲久小説集』発刊。
7月、郷里に坪野哲久文学記念館開館。
9月、志賀町立図書館にて坪野哲久生誕百年記念式典開催。
2007(平成19)年 3月、ビジュアルガイド『坪野哲久』町立図書館より発刊。
4月、高浜海岸丘に坪野哲久文学碑建立。

歌集

  • 『九月一日』(くがつついたち)紅玉堂書店 1930年1月1日
  • 『百花』(びゃくげ)書物展望社 1939年6月18日
  • 『櫻』(さくら)昭和歌人叢書 甲鳥書林 1940年7月30日
  • 『新宴』(しんえん)臼井書房 1947年7月1日
  • 『一樹』(いちじゅ)人民短歌叢書6 新興出版社 1947年12月1日
  • 『北の人』(きたのひと)白玉書房 1958年9月9日
  • 『碧巖』(へきがん) タイガープロ 1961年8月1日
  • 『春服』(しゅんぷく)現代歌人叢書17 短歌新聞社 1961年12月25日
  • 『胡蝶夢』(こちょうむ)不識書院 1974年9月10日
  • 『人間旦暮』(にんげんたんぼ)不識書院 1988年12月25日
  • 『留花門』(りゅうかもん)邑書林 1989年11月9日

合同歌集

  • 『冬月集』(とうげつしゅう)ポトナム叢書第八編 ポトナム社 1927年10月15日
  • 『新風十人』(しんぷうじゅうにん)八雲書林 1940年7月5日
  • 『プロレタリア短歌集 1929年版』紅玉堂書店 1929年5月20日
  • 『プロレタリア短歌集 1930年版』マルクス書房 1930年9月25日
  • 『世紀の旗』 文泉閣 1935年5月20日
  • 『集団行進』 文泉閣 1936年5月31日
  • 『人民短歌選集』伊藤書店 1948年6月10日

その他歌集

  • 『坪野哲久全歌集』短歌新聞社 1993年5月10日
  • 『坪野哲久歌集』(文庫)不識書院 1989年1月25日
  • 『碧巖』(文庫)短歌新聞社 1998年5月21日

個人著作集

  • 『坪野哲久小説集』石川県志賀町 2006年2月28日
  • 『昭和秀歌』理論社 1958年1月
  • 『万葉秀歌』上巻 理論社 1958年12月

共同著作集

  • 『プロレタリア歌論集』紅玉堂書店 1930年1月1日
  • 『現代短歌鑑賞』第二巻 第二書房 1950年11月20日
  • 『正岡子規研究』樂浪書院 1933年11月15日
  • 『石川啄木研究』樂浪書院 1933年12月5日
  • 『近代短歌講座』第三巻 新興出版社 1950年12月20日

関連施設

  • 坪野哲久文学記念館:石川県羽咋郡志賀町矢蔵谷
  • 坪野哲久歌碑:石川県羽咋郡志賀町高浜町 町立図書館横
  • 坪野哲久文学碑:石川県羽咋郡志賀町高浜町 千鳥ヶ浜休憩所
  • 哲久・あき歌碑:石川県鳳珠郡能登町内浦
尾佐竹 猛

尾佐竹 猛(おさたけ たけき)

Takeki Osatake(1880-1946)
大審院判事/明治文化研究者/日本史学者

1880年(明治13年)石川県羽咋郡高浜町(現在の志賀町)に生まれる。
1896年(明治29年)明治法律学校(現在の明治大学)に入学。
1899年(明治32年)卒業後、判事検事登用第一試験に合格し、司法官試補となる。その後、判事に任官して福井、名古屋の裁判所、東京控訴院判事、大審院判事を務める。
また、明治大学教授、東京大学講師などを歴任。
1928年(昭和3年)に東京帝都大学(現在の東京大学)から法学博士を授与。
1926年(大正15年)に吉野作造らと『明治文化研究会』を結成し吉野作造の死後、第二代会長を務めた。
1946年(昭和21年)急性肺炎のため死去。

 

年譜

1880(明治13)年 石川県羽咋郡高浜町(現志賀町)に生まれる。
1866(明治19)年 大念寺小学校(明治22年に高浜小学校と改称)へ入学。
1896(明治29)年 明治法律学校(現明治大学)に入学。
1899(明治32)年 明治法律学校(現明治大学)を首席で卒業。
1900(明治33)年 判事検事登用第一回試験合格。
司法官試補となり、東京地方裁判所詰となる。
1902(明治35)年 福井地方裁判所判事。福井在任中に結婚。
1904(明治37)年 裁判所登録用書記委員を命じられる。
1907(明治40)年 東京区裁判所判事。
1908(明治41)年 新島区裁判所判事を兼任。
1910(明治43)年 東京地方裁判所判事を兼任。
1913(大正 2)年 東京控訴院判事となる。
1915(大正 4)年 大礼記念章を授けられる。
1916(大正 5)年 名古屋控訴院判事。
1918(大正 7)年 東京控訴院判事。
1924(大正13)年 大審院判事。吉野作造らと「明治文化研究会」を創立する。
1928(昭和 3)年 吉野作造のすすめで、「維新前後における立憲思想」を学位請求論文として提出。
東京帝都大学(現在の東京大学)より、法学博士の学位を受ける。
大礼記念章を授与される。
1929(昭和 4)年 明治大学法学部講師。
1931(昭和 6)年 明治大学法学部教授、同文化専門部教授。
1932(昭和 7)年 明治大学文化専門部長。吉野作造の死後、明治文化研究会第二代会長となる。
1937(昭和12)年 勲二等瑞宝章(現瑞宝重光章)を授与される。
1938(昭和13)年 東京帝都大学(現東京大学)で日本憲政史担当。
1944(昭和19)年 福井に疎開。
1945(昭和20)年 帰京。
1946(昭和21)年 急性肺炎のため、死去。

著書

  • 『志賀瑣羅誌』 自家製謄写版 1908年
  • 『賭博と掏摸の研究』 総葉社書店 1925年
  • 『維新前後に於ける立憲思想』 文化生活研究会 1925年
  • 『法曹珍話閻魔帳』 春陽堂 1926年
  • 『明治文化史としての日本陪審史』 邦光堂 1926年
  • 『明治秘史疑獄難獄』 一元社 1929年
  • 『夷狄の国へ 幕末遺外使節物語』 万里閣書房 1929年
  • 『日本憲政史論集』 育生社 1937年
  • 『法窓秘聞』 育生社 1937年
  • 『日本憲政史大綱 上、下巻』 日本評論社 1938~1939年
  • 『明治維新 上、中、下ノ1、下ノ2巻』 白揚社 1942~1949年
  • 『大津事件』 岩波書店 1991年
  • 『尾佐竹猛著作集 全24巻』 ゆまに書房 2005~2006年
南 政善

南 政善(みなみ まさよし)

Masayosh Minami(1908-1976)
洋画家

洋画家。東京美術学校卒業。藤島武二に師事。
1928年、1931年文展で特選。 1965年日展出品作品「青衫の女」で文部大臣賞受賞。
新樹会創立会員。光風会理事。日展評議員。1976年逝去。

 

年譜

1908(明治41)年 5月3日、石川県羽咋郡志加浦村川尻(現志賀町川尻)に善蔵、とみの長男として生まれる。
1923(大正12)年 志加浦村尋常小学校高等科卒業、羽咋中学校(現・羽咋高校)に入学。
1927(昭和 2)年 吉武正巳に美術を習う。
1928(昭和 3)年 羽咋中学校卒業、吉武に江藤純平への紹介状をかいてもらい上京。
1930(昭和 5)年 東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科に入学。
1931(昭和 6)年 藤島武二に師事する。
1932(昭和 7)年 麓棠社を結成。
1934(昭和 9)年 第15回帝展に「老人像」が初入選。
1935(昭和10)年 第22回光風会でレートン賞受賞。
1939(昭和14)年 第3回文展に「赤いちょっき」が特選、美術研究所が買上。
1941(昭和16)年 野口多嘉子と結婚第2回聖戦美術展に「砲列布置」出品、陸軍大臣賞受賞第4回文展に「霜鬢」が特選。
1943(昭和18)年 第2回大東亜戦争美術展に「輸送船団」出品、海軍大臣賞を受賞。
1965(昭和40)年 第8回日展出品作「青衫の女」が文部大臣賞を受賞する。
1973(昭和48)年 『南政善作品集』出版、出版記念の絵画展「人物を描いて40年」を三越にて開催。
1975(昭和50)年 郷里、志賀町文化福祉会館ステージの緞帳をデザインする。
1976(昭和51)年 4月28日、心筋梗塞で逝去7月、郷里の志賀町文化福祉会館にて「南画伯遺作展」開催。
1981(昭和56)年 銀座・松屋にて「南政善を偲ぶアトリエ展」開催。
1989(平成 元)年 石川県立美術館にて「南政善回顧展」開催。
2000(平成12)年 七尾美術館にて「洋画家 南政善展』開催。
2008(平成20)年 志賀町立図書館にて「南政善生誕百年記念展」開催。
2009(平成21)年 志賀町立図書館にて『南 政善』生誕百年記念誌発刊。

作品集・図録

  • 『南 政善作品集』1973年1月
  • 『南 政善油絵展』1973年2月
  • 『南 政善を偲ぶアトリエ展』1981年7月
  • 『ひと・ヒト・人、人物を描いて……南政善回顧展 1989年3月
  • 『四巨匠』1994年5月

絵画展

  • 『人物を描いて四十年 南 政善絵画展』日本橋三越本店七階特設会場 1973年2月27日(火)~3月4日(日)
  • 『郷土志賀町が生んだ 南画伯遺作展』志賀町文化福祉会館 1976年7月6日(火)~12日(月)
  • 『南 政善を偲ぶアトリエ展』銀座松屋美術画廊 1981年7月24日(金)~29日(水)
  • 『ひと・ヒト・人、人物を描いて……南政善回顧展』石川県立美術館 1989年3月1日(水)~29日(水)
  • 『四巨匠』石川県立美術館 1994年5月2日(月)~23日(月)
  • 『洋画家 南政善展』石川県七尾美術館 2000年2月26日(土)~4月2日(日)
渡野 玖美

渡野 玖美(わたりの くみ)

Kumi Watarino(1947-2004)
小説家、編集者

志賀町出身の小説家。本名:大門紅美枝。
処女作品「五里峠」で第一回日本海文学大賞を受賞。
加賀市に住み、地元の文芸活動に多大な貢献をする。
また「金澤文學」創刊に参加し、第2代編集長を務める。
2004年くも膜下出血ため逝去。

 

 

年譜

1947(昭和22)年 9月9日、石川県羽咋郡土田村火打谷(現・志賀町火打谷)に竹松、光子の長女として生まれる。
1949(昭和24)年 この頃、上熊野村米町へ転居。
1954(昭和29)年 上熊野小学校へ入学。
1956(昭和31)年 家族で五里峠開拓団へ入植。
1935(昭和35)年 志賀中学校へ入学。
1938(昭和38)年 羽咋高等学校へ入学。
1966(昭和41)年 東京栄養食料学院へ入学。
1968(昭和43)年 東京都練馬の大泉病院に栄養士として就職。
1969(昭和44)年 結婚、東京都足立区で暮らす。
1974(昭和49)年 石川県加賀市へ転居、文筆を始める。
1977(昭和52)年 この頃「文藝集團」に参加。
「愛河」で加賀文芸賞を受賞。
1982(昭和57)年 山代温泉で、スナック「カンナ」を開店。
1985(昭和60)年 「金澤文學」創刊に参加。
1989(平成 元)年 『五里峠』近代文藝社から発行。
1990(平成2)年 『五里峠』で第一回日本海文学大賞を受賞。
1993(平成5)年 『やさしい悪魔の棲む町』近代文藝社から発行。
1997(平成9)年 『帰る家』中日出版社から発行。
「金澤文學」第13号発行、この号より編集長となる。
1999(平成11)年 『花塗りの里』おうふうから発行。
2003(平成15)年 『墓標のない墓』碧天社から発行。
『墓標のない墓』第一回碧天文芸大賞を受賞。
2004(平成16)年 くも膜下出欠のため永眠。
文庫版『五里峠』金沢文学会から発行。
1989年発行の作品に加筆されている。
2005(平成17)年 郷里・志賀町立図書館で追悼展開催。
2010(平成22)年 『郷土の作家 渡野玖美』志賀町立図書館より発行。

著書

  • 『五里峠』 近代文藝社 1989年
  • 『やさしい悪魔の棲む町』 近代文藝社 1993年
  • 『帰る家』 中日出版社 1997年
  • 『花塗りの里』 おうふう 1999年
  • 『墓標のない墓』 碧天社 2003年
  • 『五里峠』文庫版 金沢文学会 2004年

ページの先頭へ